見切れ席から観る景色

今日もキラキラをありがとうございます♡

アレンジ花を出したお話

新しいお仕事が発表になった時、

お花を出せる舞台ならいいなと思っていました。


その運営さんはその劇場を使って公演をすることがよくあり、今年の公演ではアレンジ花なら贈ることができていました。



アレンジ花っていっても大きさも様々であり、どうしても贈りたい装飾がありました。

ちょっと大きめの。



お花可のお知らせが出てから運営に問い合わせるとアレンジ花ということであれば諸々は大丈夫とのこと。



今回の舞台の役は、関係したり連想されるカラーはないようでしたので、

じゃあ推しさんがすきだと公言する色にしようと思いました。



公演のお知らせがあってからお花のお知らせが出るまで時間があったので、事前にデザインや配送の可否などを調べてお店をしぼっていました。


ただ、いちばん頼みたいと思っているお店が、簡潔に言うところの


事前にこの文言を読んで了承される方のみ注文してという長々と書かれた注釈付きのお店でした。


他店のデザインに似せるとか言うなすな、こちらがいいと言うまで写真を送ることすなみたいな。


オーダーに失敗したら出禁的なことも記載されていたので、何度も何度も読み直し、ちょっと勇気がいりましたがドキドキしながら注文しました。



注文ボタンを押すまで悩みに悩んだ

オプションもつけました。


次にお花を出せる機会はいつになるか分からないし、今は今しかないと思い。




いつもの様に、札に書いていただく公演名と役者さんのお名前は間違えないとは思うけど、10回以上確認しました。



公演名は表記に間違いがないか、運営さんの案内だけでなく、出演される役者さん何人かのSNSも確認させていただく始末。

だって間違えたら申し訳ないので。



劇場や運営にもよるんだろうけど、アレンジ花はスタンドと違って正確な搬入時間ってないんですね。


わたしは公演前日の午後にお願いしました。



その日の夜、配送完了メールと共にお花の写真が送られてきました。



まず画面を拡大して札の表記を見る。


次にオプションの仕上がりを見る。


かわいいー。




そして初日。



お花はだいだい贈られた役者さんでまとまって飾られているのに、私のお花は見当たらない。


客席までの階段を降りながら確認するとあったー。よかったー。


そして写真を撮る。




一通りみなさんのお花を見学。


どのお花もかわいいし、綺麗。

すごーいこんな風にオーダーする方もいらっしゃるんだななどとふむふむ思いながら見ていました。


すでに札に役者さんからのお花ありがとうのメッセージとサイン済のお花もありました。


すごーいなどとその役者さんのファンの気持ちになったりしながら客席へ。



とても素敵な役柄でした。




で、また公演に行く度にお花の安否確認をし、写真を撮る。


今回は2日目にバルーンの一つがかなり萎んでしまった。

その2日目の萎んだバルーンの写真を推しさんはSNSにあげてくださっていた。

なんかすみません。




後日、同担さんのSNSでやっぱり〇〇さんには〇〇色の花あげないとみたいな書き込みを見て、あー.....なりました。


わたしのお花はその方と同じカラーでした。



おしまい



ちっちゃな英雄Hopeファイナルイベント



ちっちゃな英雄がとうとう終演。


5月26日、27日にファイナルイベントを行うとのこと。


これは絶対行きたい!!

しかしチケットがローチケ先着。


いつもローチケ運がなく、人気公演は入力まで辿り着かずにソールドアウトが常だったので、なんで先着だよ!せめて抽選だったらすっぱり諦めもつくのに、などとぶつぶつ思っていました。


チケ取り当日までどちらの公演で買うか悩んでいました。


26日には現メンバーで見たい俳優さんがいるし、27日にはゲストで見たい俳優さんがいる。

でもポストカードは現メンバーのものだし。


27日の公演に決めて、いつもはiPhoneからだけど、気合を入れてミニストップLoppiで発売時間の5分前から操作の確認。


なんと、取れた。


手が震えて名前の入力を全部平仮名にしてしまった。


レジで発券したら1階一桁席。


神様っていたんですね。



当日は貸切公演とゲストさんを交えてのコーナーがありました。


ゲストさんの数が多すぎるから(多分17名だったと思います)、MCの加藤さんに指名されたくて挙手のアピールがはちゃめちゃなことになってました。



わたしの見たかったゲストさんはMCさんと共演してた当時はお気に入りだったはずなんですけど、指名されなかったので一言も声が聞けませんでした。



ジョージあるあるの佐野さんのお話を聞いて、俳優さんもあのアナウンス覚えちゃうんだでした。

おたくの大多数も開演前のあのアナウンス完璧だと思います。



最後に全員で歌うところがあり、わたしの列は加藤さん、登野城さん、加古さんがハイタッチに来て下さいました。


顔綺麗だった。それはそう。




このイベントから3週間くらい経っていますが、なんだかまだ終わった実感がしないです。



年パス持ってるけど、 もうピューロ行くこともないなと思っていましたが、昨日メモミュのキャストさん発表されたの見て、これは行くしかになってる.....


チームミラクル千秋楽

チームミラクルの千秋楽を見てきました。




初回に佐野さんが、英雄のうたの所で思わず泣いてしまい、その後の各メンバーと一人ひとり絡む場面でメンバーの「大丈夫か??ん??」って心配するような兄のような暖かな目線見ちゃったら、こちらの涙腺が崩壊してしまいました。


素敵なシーンでした。


見てたおたくは母心炸裂してたと思います。





ジョー


火がそこまで迫ってるんだで顔をあげて火を見ると、本当に客席まで火が来てるの見えます。


ロベルトに決別されてしまう場面での些細な動きとかすごいんですよ

肩をどつかれた時の右肩の動きだけ見てもすっごくリアルで…

言いたいこと伝わるかな~~~



どうやって生きてきたらそんなに清いオーラを全身に纏えるのでしょうか。

とにかく清廉さがすごすぎるんだ!!


ありがとね、また来てねがだいすきでした。




仲間2


阿部さんのお顔はいつ見ても美麗で秀麗で綺麗ですごいです。

どの写真や動画を見返してもパーフェクトキレイなお顔。


りんごタッチからハイタッチ(バイバイ付き)にレベルアップしてお客さんはきっと嬉しかったですよね。


千秋楽でご挨拶の時にマイクでお話してるのを聞いて、阿部さんがお話してる~~ってなりました。

公演中はマイクないし、あんまり歌いながら回らないから。




仲間2


ハイタッチ撮ると手が大き~~いになり、

いぇーい!( ・ㅂ・)وと階段降り大ジャンプ・側転降りに元気貰ってましたよ。


ジャジャーンで自らねずみ様になってるシーンはこの目で1度しか目撃できなかったけどもっと見たかったなぁ。




ロベルト


千秋楽公演からわずか数時間後にブログアップだし、千秋楽での挨拶も自身のことより次のチームやコンテンツについてよろしくできるパーフェクトさ。


やっぱりお兄ちゃんは白石ロベルトだ!

そこにいたのかハンスのハンスの所がふぁぁんすぅぅぅっ!!!に聞こえるのがだいすきでした。

いつも富士額に見とれていました。

ロベルト紹介シーンの手をグルグルする振り付けがかっこよかったです。




ジェラルド


フェロモン漏れてるかっこよすぎのジェラ様だった。

ねえ………。前ブックス含め割と森に通ってたと思うのですが1度もハイタッチしたことないんですが。。。。


いつ見ても千秋楽と同じ完成度がすばらしかったです。

花塚さんとお子さんの触れ合いの場面はいつ見てもほっこり。


Twitterの更新しなさ加減のファンです。

だけど、なぜかゴリラの宣伝は早かった。





ハンス


卒業だろうなとは分かっていたけど寂しすぎます。

横田さんが仲間役の時から埋もれ席にまで丁寧なファンサで歌いながら回ってくれてたの見てました。

見る度にビジュアルレベルが上がってて、どんどん小顔になって、キラキラの塊です。すごいです。


家ねずみ衣装のリボン服でいちご持ってるブロマイド売ってたらエンタメショップに「あるだけください」してたな。


ご挨拶での、笑顔のお話と、「一生の思い出です」のところを忘れません。

長い間お疲れ様でした(泣)です。




ブックス


チームが新しい頃と千秋楽ではすごく変化したブックスだったと記憶しています。


どんぐりタッチの仕方がかわいいんだ。

どんぐりだけうにょうにょ泳いでくるんだ。

kkさんの持ってるどんぐりだけの動画集作りたかったです。





ミラクルとてもとてもたのしかったです。




どうでもいい話



クリスマス時期の思い出話です。




推しさんにクリスマスプレゼントをしたいと思っていました。


芸歴は何年かあるけれど、舞台でのお仕事をされるようになったのが割と最近からなのでファンが絶大に多いというわけではないと思うのです。


SNSの写真を見ても、そんなに新しいお洋服を取っ替え引っ替え着ているようには思えなかったので(正直発言でごめん!)、クリスマスプレゼントには服を贈りたいと思っていました。



クリスマスに向けて、若手俳優あるあるのブランドやら、ブランド関係なくお店の中を巡ったり、何がいいかな??似合うかな??同じ服被って持っていないかな??などなど、色々考えていました。



クリスマス近くに観劇の予定があり上京するので、その日に都内で買い物をして、そのまま宅配で送ろうと決めていました。



午前にイベントに行き、午後に観劇をしてから、あらかじめ決めていたブランドのお店に行きました。


この時点でスケジュールやばないですか?


その日のスケジュール、早起き→上京→イベント→観劇→プレ買う→プレ送る→観劇→田舎へ戻るですからね。



店員さんに服をあててイメージさせていただいたり、サイズの相談をしたりしながら、絶対推しさんに似合うと思える服を買えました。



ただちょっと不安だったのが、推しさんがあまりストリート系のブランドを着ているのを見たことがなかったんですよね……。



おたくの人って推しさんをよく見てるから、似合う似合わないの感覚はそう外れないと思うし、イメージに合う合わないはすごくわかると思うんですよ。



ね?????



で、郵便局から事務所宛に発送しようと思い、郵便局に向かいました。



が、MAPのアプリを見ながらでも道に迷う。


駅のそばに大きな郵便局があるはずなのに迷う。


上京して観劇の日だったので、高いヒールの靴を履いてるんだけど、迷う。


なかなか郵便局が見つからずグルグル歩き回り、足が痛い。



そんなこんな大分無駄にグルグルしてやっと(ホントにやっとだった。泣く)郵便局に辿り着きました。



夜から観劇の予定だったので、良かった♡間に合う♡とほっとしました。




が、大都会の郵便局はわたしの地元の田舎の郵便局と違い2階建てでした。


入ってすぐ、広い!どこの窓口に並べばいいの?状態。



ゆうパックの箱を買って箱詰めしてから、発送の手配をしなければなのですが、田舎の郵便局と違って箱を買うカウンターと発送するカウンターの場所が違います。



 それぞれのカウンター毎の番号札を取りました。



年末も近いし、クリスマス時期で郵便物だけでなく、荷物の発送も多いんでしょうかね。


広い郵便局の中が待っているお客さんでいっぱいです。


座る椅子にも空きがありませんでした。



そんな中、今カウンターで呼ばれている番号と自分の持っている番号札を照らし合わせてみたら130番くらい違うんですよ。



まじか。

東京の郵便局すげーな。


その後の観劇に間に合うのかドキドキしてきました&箱を買う順番の方が先に呼ばれなかったらどうしようってなって、ますます焦る。




待てども待てども順番は来ない。

足が痛いのに座る所がない。

箱が先に買えなかったらどうしようの三重苦。


郵便局を出たのは1時間半近くかかってからでした。


でも、ちゃんと送れてよかった~~~でほっとしました。



やばい。早よ夜の観劇のために劇場に向かわなければ。



今度は今いる郵便局から、駅を挟んで反対方向の劇場に行かなくてはなりません。



夏に1度行ったことのある劇場ですが、なんせMAP見ながらでも道に迷います。


小劇場で、しかも祝日なので満席らしい。

絶対遅刻できない!!

公式Twitterも早めにお越しくださいと言っている。



郵便局迷子ですっかり痛くなったヒールの足で早足で向かいました。




今度は少し迷っただけで時間前に無事に劇場に到着できました。

めでたし。



ちっぽけな人間のくだらない一日でしたが、推しさんのSNSでプレゼントした服を着てくれていると思われる(他のファンの方からのプレゼント被りかも知れないですしね?)写真を目にするたび、この日の足の痛みと郵便局の混雑っぷりを思い出すのです。




追記

文字が所々大きくなってるのが修正できない。

文字の大きさに意味はありません(・_・、)




東京近郊で行われたとあるリリイベのお話


舞台のDVDリリイベに行ってきました。



DVDリリイベあるあるの「東京近郊」ってまじでここかよみたいな場所で行われました。



東京近郊なのに 乗り換え3回しましたからね。



座席は抽選によるものということで、ビニール袋に入った紙を自分でゴソゴソして引くものでした。



前列通路席キタコレ。


こういうリリイベ系だと良席引きがちあるあるを発揮。



イベント内容はトーク&ハイタッチ会と記載されておりました。



いよいよトークが始まりました。


出演者の俳優さんの1人が司会をされ、進行していきました。



 出演者さんの1人が絶対この土地のこといじってお前らよくこんな所までわざわざ見に来たなって言うのが目に見えていましたが、まんまとお客さんをそのネタでいじってましたね。


やはり。



トークを始めて10分を少し過ぎたくらいの頃でしょうか。



司会の俳優さんが「結構詰まってるんですよね。」みたいなことを話されたので、トークの後はハイタッチの前に何かコーナーがあるのかな?的に思っていました。



そしてすぐ、「では、これが最後の質問です!!」って元気よく宣言されたのでびっくりしましたよね。




トーク15分かよ!!


トーク15分かよ!!!!




いやいや、トーク15分かよ!!!!









そして出演者さんたちが準備のため一旦袖にはけてから速攻ハイタッチ会でした。




オタクたちは豪雨の側溝に流された落ち葉の如く、6人の俳優さんとのハイタッチは5秒間もなかったくらいで終了。



わたしは前列にいたのでものの数分で終わりました。



トーク&ハイタッチで30分も経たずに会場の外に出れたの初めてだったな。

アハハ。




さすがにこのイベントでのあの俳優さんのこんなとこまで来てみたいないじりは真顔にならざるを得なかったわ。



とても刺激的な経験でしたっていうお話。







虚無しかねぇ…






チーム ミラクルを見てきた



新チームミラクルみてきました。




ジョージ→清い。清かった。とにかく清い。




ブックス→階段は特に慎重に降りる派で驚いて転んでしまう派。目線すごい。カメラ向けてるお客さんはあの圧を感じすぎないのか。




ジェラルド→眉間にシワが入ると西洋美術の彫刻みたいだった。美。前チームの千秋楽日と変わらないクオリティすごい。お子さんとのハイタッチタイム眺めるだけで満足。




ロベルト→ハンスを問い詰める時ハンスの二の腕が折れそうで見てるのが辛い。もっとぎゅっとしないでほしいです。いよいよ土下座のゴツンが心配になってきたけど、こちらのロベルトさんはこれがロベルトさんなので。




ハンス→すばしっこい表現なのか全力階段降りとかはどうかお怪我なさらないようにの気持ちで見てます。両手でダンスしてるのが新鮮。ご飯たくさん食べてるか余計な心配をしてしまうのはきっとわたしだけじゃないはず。登場時衣装のリボンがかわいすぎるし、ブロマイド売ってほしいですが、ズボンの腰部分がブカブカでやはりご飯を………




仲間1→ダイナミック大回転階段降りと大ジャンプ。時には自らねずみ様と呼ばれる果物にも変化。




仲間2→新チームになってからりんごタッチじゃなくなったのにびっくりしたー。いつ見てもフォトジェニックすごい。顔が綺麗。カメラ向けてていつも綺麗に撮らせていただくのはあべさんとおくださんだったけど、やっぱり新しいあべさんもありがとうございますでした。




キャストさんが変わるとキャストさんによる独自のファンサ的なやつも変わるわけであり、どこの席が自分的に1番なのか考察するけど、座る勇気ね………。










チームリズム千秋楽



だいぶ日にちが経ってしまったけど……




チームリズムの千秋楽をみてきました。




千秋楽って最後のご挨拶があるから、最終回をどこで見収めるかも含めて席で悩みませんか。




その日は3公演あったのですが、パスの番号がたまたま良いこともあり見たい席に座れました。




去年とかから比べるとパスが無くても千秋楽にフツーに一階席に座れるようになったような気がしますが。



チームによるものなのか、日程によるものなのか、検証していないので不明。



初期のチームの頃は、パスの番号順に座席が決まっていて、座りたくなくても最前列に座らされた思い出があります。


ガチ勢みたいでいやだったなー。





ジョージはわたしが見てた限りわりと大人にも容赦しない点があったのですが、千秋楽は隈無くカメラやら席に目線をおくってた。



仲間1は劇中で既にうっすら涙目だった。


DHCのCMちょくちょくテレビで見てるよ。

すごいです。



お二人とも長い間お疲れ様でしたの気持ちで観劇してました。


やっぱりさみしい。



るん!るん!りずむー!!をみなさんでやりました。






千秋楽近くなるとお芝居への熱量みたいなのがパワーアップされるじゃないですか。


あれって普段のステージからしないものなのでしょうか。



気持ちがのる、のらないの感情移入が関わってくるのかわたしは役者さんじゃないから分からないけど、千秋楽が近づくといつもよりすばらしいお芝居が見られるので、それを普段から見たいなーと素人のわたしは思います。






千秋楽付近や直後によく目にする現象である、ファンによる俳優さんへの長文メモスクショツイートを今回あまり目にしなかったのがよかったなー。



しかも、長文メモスクショツイートに俳優さんがいいね♡なんてしちゃったの見たらガン萎え&おっ、おぅ……だから。